肝斑治療に保険は適用される?

Pocket

肝斑治療とは

年齢を重ねてくると、体力の衰えを実感することが多くなってきます。
またそれと同時に肌の衰えなども起こることも多いでしょう。

特に顔のシミやしわなどは老けて見られる素となるのでできれば失くしたいと思います。
シミの一種で30代から40代の女性に発症する事が多い肝斑は目立ちやすく早急な改善を望む方が多い症状です。

肝斑とは両頬、鼻の下、額などに濃いシミになって出るもので妊娠時に発生する方が多いというデータがありその原因はホルモンバランスの乱れではないかと言われています。
この肝斑を治療する場合は内服薬・外用薬・光及びレーザー治療があります。

過去に有効だと言われていたのはトラネキサム酸の注射・内服でしたが、最近ではごく弱いレーザー光を使ったレーザー治療も行われています。

肝斑治療の効果

肝斑は治療すれば改善が可能な症状です。
先程挙げた、トラネキサム酸の内服やレーザー光治療の他にもビタミンCやハイドロキノン・トレチノインなどを塗布する治療方法も一定の効果があります。

どの治療方法にも一長一短があり、また短期間では効果が現れにくいのである程度の我慢が必要です。

肝斑治療に保険は適用される?

肝斑の治療に関して保険は適用されるのかというのは一般的な方なら気になるところです。
肝斑を含むシミは病気としては認定されません、したがって保険診療の適用外となります。

外用薬の場合は3000円~5000円くらいで治療ができますが、レーザー治療・光治療などは高額の場合が多いので事前に治療費について確認をしておきましょう。
肝斑の改善用の医薬品は一般の薬局でも購入は可能ですが、効果に関しては?なものもあります。

肝斑の改善を希望する方は多少の費用はかかりますが専門の皮膚科での治療が有効です。

肝斑治療を美容皮膚科で治療する